4月休講のお知らせと受講者さまからのメッセージ

先ほど緊急事態宣言が発令されました。

受講者の皆様にはすでにお伝えしていますが、4月の全てのボイストレーニング、ボイトレサークル、発表会は中止とさせて頂きました。

大変な時は皆で力を合わせて乗り切るしかありません。

一番大切なものは「命」

それを忘れてはいけません。
命あっての健康、健康あっての日々の暮らしです。

この時代をしっかりと受け入れて、この状況を真摯に受け止め、今は家族に感謝して、生活していきたいと思います。

レッスンの開始もかなり難しいところです。慎重に考えていきたいと思います。

さて、皆様にメールを差し上げたところ、前向きなお返事を頂きましたので、一部をご紹介します。お読みいただいて、前向きに乗り越えて行く原動力になさってください。


「早く終息して、大きな声で発声できる日が来ることを祈ります。先生がおっしゃるように、音読をして気持ちを整えて時が過ぎるのを待ちます。たくさん練習できるから、きっと良い発表会になりますね!」

「声を出すことは本当に良いと感じています。こんな時だからこそ気持ちを明るく過ごしたいと思います。また先生にお会いできる日を楽しみにしています。」

「娘に絵本を読むとき意識して腹式呼吸をしています。元気に皆様と再会できることを楽しみにしています。」

「とても残念で寂しいですが、早い終息をお祈りしています。朗読会の作品をいただき、とても励みになり毎日ボイストレーニングと共に練習しています。本当!大きな声を出すと気分がスッキリします。またかわいい童話探しも楽しみになりました。」

「マスク、手洗い、うがいと、密接密閉密集を避けて、乗り切って行こうと思います。一日も早いコロナの終息を願うばかりです。舌の体操をしたり、読書したり、庭に咲いた雪見草や二輪草に心癒されたりして過ごしております。」

「とても残念ですが、5月には先生や皆様に会えると思ってこの一月また、頑張ろうと思います。先日桜を観に行きました。少しの時間でしたが満開の桜を観て穏やかな気持ちになりました。」

「家のもみじがひと月も早く芽吹いてきました。元気に皆様とお会いできる日を楽しみにしております。」

「心暖まるご連絡をいただき、不安の中にもホッとした気持ちになれます。ベランダのパンジーや眼下の満開の桜を眺める心の余裕を持ちたいと思います。早く終息して、先生や皆様にお会いできる日が来ますように」

「未だまだ先の見えない状況ですが、何とか乗り越えなくてはなりませんね。再開できます時を楽しみに、心待ちにしております。」

「自然の恵みに感謝しながら過ごします。元気になるメッセージをありがとうございます。」

その他にも、温かいメッセージをいただいております。
心より感謝いたします。
困難を乗り越え、レッスンを再開し、発表会を目指し練習できる日が来ることを心から願っています。
















































a:86 t:1 y:2

コメント

  • 「中止」残念ですが、いつかまた。

    昨年半ばまでボイトレ受講し、その後事故で入院していた生徒です。今年2月からリハビリを続け、やっと手術した腕がかなり上の方に上がり、「腹式呼吸」の運動ができるようになりました。さあ、ボイトレ受講できるか!と思った矢先「休講」となってしまいました。残念です。しかし、一番残念なのは「山本先生」でしょう。頑張ってください。私も、自宅の中で「腹式呼吸」、毎日やってます。


  • Re: 「中止」残念ですが、いつかまた。

    お久し振りです。コメントありがとうございます。頑張ってリハビリされておられる様子が分かり、嬉しいです。復活されれば、皆様心配されていましたので、喜ばれたと思います。このような状況で世界全体が影響を受け、大変な思いをされておられる方も非常に多いと思います。なんとか今の状況を乗り越え、また皆様に喜んで頂けるレッスンを再開できるように、頑張りたいと思います。温かいエールをありがとうございます。ぜひ腹式呼吸を継続なさって下さい。



認証コード8367

コメントは管理者の承認後に表示されます。