大阪倶楽部 朗読アラカルトのご案内

画像の説明

立春が過ぎれば少し春の気配を感じるようになってきました。
もうすぐバレンタインですね♪

春の日に歴史的建築物で朗読を聴きに来られませんか。

今回もあめんぼ座のイベントです。

『あめんぼ座朗読アラカルト2021春』~大正モダニズム建築の大阪倶楽部で楽しむ語りの世界~

令和3年3月12日㈮
午後1時部の部、午後3時の部
それぞれ出演者と演目が変わります。

私は午後3時の部で昨年没後50年を迎えられた三島由紀夫の作品「美神」に挑戦します!!

そしてその会場は、大阪大空襲やGHQによる接収を乗り越え、経済人や文化人の社交の場として賑わった歴史ある建築物大阪倶楽部。
その場所に足を踏み入れるだけでも価値があります。
私自身がこの説明を書きながらワクワクしてきます。
素晴らしい場所です。

また、三島由紀夫作品はことばの芸術作品です。
有名すぎる作家ですが、彼の作品は朗読しにくいためか、何度か候補に上がりながらも、選ばれてきませんでした。
大阪倶楽部は三島作品がとても合う場所です。

三島氏の壮絶な死のイメージが大きいせいか、先輩の年代の方々にはあまり好まれない方も多いようです。
案外そんな事などあまり知らず、直接作品に向き合う若い人たちに注目されてきているようです。

私は三島氏と親交のあった三輪明宏さんがテレビや書物などで三島氏がとても純粋で真っすぐである事を紹介されていたので、良いイメージしかありません。

三島由紀夫氏の作品が良い作品だと伝わるように頑張りたいと思います。

前回の能楽堂で開催したときと同じように、座席数を減らし、コロナ対策をしっかりして開催させて頂きます。

午後1時の部、午後3時の部 各回 1000円

お申し込みはこちらのホームページのお問い合わせ、または下記アドレスより氏名、電話番号、メールアドレス、ご希望の部、枚数をお知らせください。
折り返し、返信させて頂きます。2日経っても返信の場合は再度お知らせください。

メールアドレス
amazingvoice11☆gmail.com
(☆を@に変えて下さい。)

















































a:212 t:1 y:4

コメント


認証コード7589

コメントは管理者の承認後に表示されます。